FC2ブログ

4月2日分の物資搬送先と企画終了のご挨拶

 4月11日で東日本大震災から一ヶ月。その頃からまた福島茨城を中心に大きな余震が続き、被災地の方々が心配です。しかし、そんな日本列島の上では、小さいけれど大きな桜の木々たちが、北へ北へと北上し、東北地方へと向かっています。福島県いわき市では、津波にさらされた海岸沿いの桜に花が咲いたそうです。地元の方々にとっては、枝だけ残った木からいつもどおりに花を咲かせた桜から、生きる力を感じ、希望や勇気を受けていらっしゃるのだろうと想います。(NHKニュースより

 さて、4月2日(土)〆切分のメッセージ付支援物資の搬送先をご報告します。
 金沢市役所にお預けした分は岩手県釜石市へ、モンベルさんにお預けした分は一旦山形県に集荷された後、モンベル義援隊の皆さまから被災地各地へと届けて頂きました。

 先日も申し上げましたように、自分の持ち場で、自分に出来ることを続けていくことが第一だと思います。これから復興や支援の様々なアイデアや知恵が出て来て欲しい、いや、出てくると思います。私たちも、自分たちに出来る何かで、復興支援をお手伝いできないかを考えているところです。何か形になった時には、このブログでご案内させていただきますので、今後ともよろしくお願い致します。

 そして、この度当企画にご賛同ご協力いただいた皆様、心よりありがとうございました!!!

 以上をもちまして、東日本大震災救援企画『カラダもココロもあっためよう』は終了致します。


 
スポンサーサイト



東日本大震災救援企画『カラダもココロもあっためてあげよう』

 2011年3月11日(金)に発生した東日本大地震により失われた多くの尊い命に哀悼の意をささげるとともに、被災された皆様に対しまして心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。


 希望のたまごとしても、被災地の復興支援に微力ながらもお役に立ちたいと考え、メンバーで話し合いました。「私たちだから、希望のたまごだから、出来ることがある気がする…」

 これまで希望のたまごプロジェクトは、希望を感じるメッセージを集め、皆で分かち合うことを目指し、活動してきました。被災地の皆さんは、救援物資が届くだけでも「ありがたい」と感じていらっしゃるのだろうと思います。しかし、物資と共に、手書きで温かい希望のメッセージが届いたら…そうだ!これこそ、希望のたまごだから出来る活動だ!と想い、急遽企画を立ち上げました。

 その名は…

「希望のたまご」緊急企画
 『カラダもココロもあっためてあげよう』

 です!!!

 テレビや新聞、ラジオ、インターネット、様々な報道機関から流れるニュースを見て、あなたは何を感じましたか?何を思いましたか?その想いを被災地の方へ届けましょう!あなたのあたたかい言葉と共に、被災地の方ともつながりましょう!きっと、あなたの言葉の力で…あたたかい支援物資が、もっとあたたかくなります!

 具体的には、物資に貼付けるシール台紙(約8.3cm×5.0cm)に、被災された皆さんに向けてメッセージを書いて頂き、あわせて義捐金も募ります。

 ●書けるだけ、書いて下さい。
 ●同じメッセージ内容でも構いません。
 ●ほんの一言でも構いません。
 ●会社の方、ご家族、お友達、思いつく方、今日出逢う方に…

 みなさんの力を貸して下さい!

=============

更新情報(新しい情報が上になります)

2011年4月6日◆4月2日(土)〆切分のメッセージ付支援物資を発送しました。詳しくはこちら→
2011年4月3日◆メッセージの受付を終了しました。詳しくはこちら→
2011年3月31日◆4月2日(土)でメッセージの受付を終了します。
2011年3月28日◆3月27日(日)の「津幡小学校みんなの大同窓会」会場にて多数の義援金とメッセージを頂きました。お礼とご報告→
2011年3月28日◆金沢市のオーラソーマスクール&ショップ アクアヴィータさんのブログでこの企画をご紹介頂きました。
2011年3月25日◆1250枚のメッセージを貼りつけたカイロ等の様々な支援物資を倫理法人会さんを通じて岩手県にお送りしました。お礼とご報告→
2011年3月25日◆3月27日(日)津幡町清水「津幡小学校みんなの大同窓会」にて11:00~17:00まで、メッセージと義捐金を受付いたします。
2011年3月23日◆3月25日(金)第一弾として、メッセージを貼付けたカイロ1000枚が、被災地に向けて搬出されます。
2011年3月21日◆当企画専用のメッセージ受付フォームが出来ました。こちらをクリック。メッセージを受付しております。あなたからのあったかいココロのメッセージをお待ちしています。
2011年3月21日おむつケーキのウェブショップ「ノアズアーク」さんにて、メッセージ受付をご協力いただいています。
2011年3月20日◆3月27日(日)津幡町にてメッセージ募集・募金活動「津幡小学校みんなの大同窓会

メッセージ・義捐金の受付方法など詳細につきましては、逐次こちらのページで更新していきます。

 CA3C0946_convert_20110323141023.jpg
 こちらがシール台紙。ひとつひとつは名刺程度の大きさです。




 2011年4月6日更新

お礼とご報告(4月2日〆切分)

 2011年4月2日(土)のメッセージ受付終了までにお預りしましたものを、支援物資(下着、ドライシャンプー、カイロ)に貼り付け、金沢市とモンベルより被災地へお送りしました。
 金沢市については、搬送先が現時点でまだ未公表のため、判明し次第ご報告たします。
 モンベルについては、「アウトドア義援隊」として被災地各地へ細やかな対応をされています。活動に関してはこちら→()()をご覧ください。

 被災地の皆さまへのあたたかいメッセージをお寄せいただいた皆様、義援金や支援物資を届けて下さった皆様には、この場を借りて、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。


 
 あの数分の地震と、その数十分後に起こった大津波。報道で繰り返し伝えられていた被災地の様子を、忘れてはいけません。その時何を思ったのか。何をしたのか。何に気づいたか。何を学んだか…。沢山のことを、これからに生かしていくこと、そして、孫やひ孫の代まで伝えていくことが大切だと思います。現地へ行き、直接お手伝いすることはできない私たちですが、今は自分の持ち場で、自分に出来ることを続けていくことが第一だと思っています。また何かの形で復興支援をお手伝いできることが出来ることになった時にはご案内いたしますので、その時はよろしくお願いします。

 東日本大震災救援企画『カラダもココロもあっためよう』は終了しますが、被災地の皆さんが、少しでも早く心を落ち着かせてゆっくりと過ごせる日常がやってきますよう、その時まで、ずっとずっと、祈っています。


メッセージ受付終了のお知らせ

 2011年3月11日午後2時46分頃に、三陸沖を震源にした国内観測史上最大のM9.0の地震が発生してから、もうすぐ3週間。巨大な津波のため捜索が難航していたり、福島原発の事故が収束に向かわないことなど不安要素もありますが、支援や復興への取り組み、復旧や再開といった明るい要素も各地で見受けられるようになってきました。

 衝撃の事態を受けて、小さな小さな私たちではありますが、沢山の方々のご理解・ご協力を頂き、被災地への物資にココロのこもったメッセージを添えてお送りする救援企画『カラダもココロもあっためよう』を進めてくることが出来ました。しかし、物資の受付を締め切る自治体等が増えてきた現状などを踏まえ、メッセージを物資に添えて送る活動は、メッセージ受付を4月2日に締め切り、その時点で集まったメッセージを物資と共に被災地へお送りすることが出来た時点で、当企画は終了する事にいたしました。

 どんなに辛くて悲しい絶望の時でも、その後には必ず希望があります。

 しかし、被災地の皆さんの中には、今はそう思うことが辛く感じる方もいらっしゃるとも聞きました。それでも、雨の後には必ず晴れるように、少しでも早く、被災地の皆さんが晴れやかな気持ちで希望を抱く日を迎えて頂けるよう、出来る形で被災地の復旧復興のお手伝いを続けていけたらと思っております。

 メッセージ受付は、今日を入れてあと3日です!物資に貼付けるスペースはまだありますので、ココロをほぐすようなあたたかいメッセージをお待ちしております。 4月2日をもって終了いたしました。各地から沢山のあたたかいメッセージをお寄せいただき、誠にありがとうございました。後日改めて、お預かりしたメッセージと支援物資についてご報告いたします。



 2011年4月3日更新

お礼とご報告 『津幡小学校みんなの大同窓会』

 2011年3月27日(日)に、旧津幡小学校校舎で開催されました『津幡小学校みんなの大同窓会』にて、津幡地区青年団と希望のたまごがコラボレーションで行った東日本大震災の義援金およびメッセージの募集について、ご報告いたします。

 当日は会場にお越しいただいた大変多くの皆様にご協力いただきました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。義援金が77,088円。メッセージが120枚集まりました。義援金は、日本赤十字社石川県支部津幡町分区を通して被災地へお送りし、メッセージは、希望のたまごスタッフにて、後日発送予定の支援物資に貼り付けしたものを被災地へお届けします。

 そして、義援金とメッセージ募集の場を快く提供して頂き、また共に活動していただいた津幡地区青年団の皆様にも、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。


- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
07 09
プロフィール

希望のたまご

Author:希望のたまご
ご訪問ありがとうございます!

手作りのキャンドルホルダーにメッセージを添えて、温かなキャンドルの灯りと、温かなみんなの希望を感じる想いを共有できる場を作る参加型のプロジェクトです。

コメントやメッセージ、ご意見・ご感想もお気軽にお待ちしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
お問い合わせ用メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
携帯からもご覧頂けます
QRコード
ご訪問ありがとうございます